「コシヒカリ王国 神林」復活プロジェクト > 神林の特産品

神林の特産品

お米・餅

岩船産コシヒカリ新潟と言えばお米。お米と言えばコシヒカリ。神林地区でも農業の主要作物はお米です。その耕作面積は1,970ha(東京ドーム421個相当)、産出額は26億円を超えており、他の作物と比較すると群を抜いています。

米どころ新潟には、「魚沼産コシヒカリ」「岩船産コシヒカリ」「佐渡産コシヒカリ」と3つの特定名称が名乗れる生産地域があり、神林のコシヒカリは「岩船産コシヒカリ」です。知名度ではやはり「魚沼産」が強いですが、食味については決して引けを取らないと評判のお米です。

また、お米を材料としたお餅も有名です。最高品質の餅米「岩船産こがねもち」を使ったお餅は絶品!なめらかな舌ざわりと煮どけしないネバリを両立させた(セイロ蒸し、杵つき法)の伝統製法が活きます。

かみはやしハム

かみはやしハム日本の昔からの製法やヨーロッパマイスターの製法を学び、素材の味を大切にする日本人の味覚を味付けの基本としています。余分な旨味甘味調味料に頼らず、素材本来が持つ味を大切にした手作りハム、ソーセージ、燻製ベーコンは絶品です!

以下、店主からです。
「ハム・ソーセージの風味を決めるポイントは、塩漬による熟成、カッティングや燻製です。良い肉を使うのは当然ですが、いくら良い肉(ブランド肉等)を使っても、その素材の味が隠れてしまうほどの味付けではいけないと考えております。目先のネームバリューに惑わされることなく、美味しいハム・ソーセージを楽しんでいただければ、、と思います。」

安心、安全で美味しいのが本当に大切ですよね。

やわ肌ねぎ

現在、新潟県全体で代表的となっている「やわ肌ねぎ」。実は神林の北新保という地区が発祥の地なんです!

「やわ肌ねぎ」は、独自の柔らかさと美しい光沢があることからその名前が付けられました。キメ細かく滑らかな白さが、女性の肌のようですね。

栽培については、減農薬に重点を置き、安全・安心を心掛けています。そして見た目も味も一級品!神林のやわ肌ねぎをぜひご家庭の食材にご利用ください!

黄金豚(こがねぶた)

黄金豚(こがねぶた)越乃黄金豚(こしのこがねぶた)は地元の企業で、厳選された肥育プログラムにより生産された、身元のしっかりとした豚肉です。

【特徴】
・ビタミンE・α-リノレン酸の含有率が一般豚より多い健康的な豚肉。
・純白で良質な脂肪のある、柔らかく食べ飽きない美味しい豚肉。

さあ、今夜は黄金豚でしゃぶしゃぶにされます?生姜焼きにされます?それとも豚カツにされます?

味噌・醤油

神林地区には、現在、醤油・味噌の醸造業者が2社、醤油醸造業者が1社あります。また、糀を使った「飯寿し」「糀漬け」などを商品化している業者も多くあります。いずれも、昔ながらの製法を守り、手作りを基本に少量生産ではありますが、生産しています。毎日使う調味料、安心できるものを選びたいですね。